皆さん、今年12月でヤフーブログが終わっちゃうらしいですね。

ヤフーのジオシティーズのホームページサービスも一足先に3月一杯で終わっちゃいましたし、インターネットの世界ってなんとなく、なんとなーくですがネット空間みたいな物にずーっと残ってる、そんな風に思っちゃってました。

 もちろん自分のパソコンやスマホですらハードディスクやSDカードなんかの記録媒体にデータ保存する訳ですから容量に限界はあるのは当たり前なんですが。
 世はSNS全盛で一昔前は情報発信の先端を行ってたブログも今や利用者も少なくなって来た・・と言うより僕自身がなかなか更新してないもんね。

 ブログの記事を作文するのって、SNSよりはやっぱり手が掛かる気がしてます。
 でも、記事を整理してあったり、探しやすかったり見易さとか運営会社によっても違うけど、ブログにはブログの良さが有ったりもするし。

 ま、ヤフーブログが閉鎖してもアメブロかライブドアどちらかに移転できるみたいだし、ちゃんと更新するかどうかは知らないけど(笑)、後々は移転の方向で、と思ってます。

 もっと言えば、インターネットがもはや日常生活にとって欠かせなくなった現代でそのインターネットによる情報発信が一般化して一番被害を被った・・・・かも知れないのはやっぱり紙媒体の本じゃないですか?

 バス釣り雑誌なんかも随分廃刊しちゃいました。

 そしてその書籍と言うカテゴリでさえ近年は電子書籍とか言って電脳空間で読むのが当たり前に(;´Д`)
 そりゃ紙も要らないし持ち運び?も便利だし、エコかも知れないけど子供の頃から漫画とか小説とか慣れ親しんできた文化がね、どんどん無くなっていくのってやっぱ寂しいですね。

 おっと、今日はそんな話じゃなくて(笑)

 まぁ前置き長いのは昔からだから(笑)(笑)


 実はそんな紙媒体の雑誌で、しかもバス釣り雑誌と言う消えていくタイトルが多い中、トップウォーターが主体の雑誌が有るのをご存知ですか?

 もちろん知ってますよね(笑)

イメージ 1



 それがこちら!トップトウです!

 ずっと前に廃刊になってしまったトップ堂と言う雑誌が有りましたが、名前が似てますよね。似てて当たり前な経緯のお話もあるのですがそれはまた詳しい方にでもお聞き下さい(笑)

 そして・・・ほぅら、なんともうVol.20!!
 誌名もトップ党から前号のVol.19からトップトウになり、令和を迎える準備も万端。

 ここと同じく、ヤフーブログで活躍されていたパリコレさんが作っておられる雑誌です。
 なんと、ほとんどパリコレさんお一人でやられてると伺いました。すげー。

 そしてさらに、なんとなんと、この平成最後に発刊された最新号のVol.20にこの僕が記事を書かせて頂く事が出来たんです!!
 しかも!そのパリコレさん所とここは未だに繋がっていないと言うのもアレですけど、そう言うゆるーい感じもなかなか良いでしょ(笑)

 でも実は昨日、名古屋で開催されたアングラーズマーケット会場でやっとパリコレさんにご挨拶出来ました。
 と言っても殆ど話も出来ず、ほんとに挨拶程度だったんですけど^^;
 またいずれじっくりお話してみたいです。

 で、一体何の記事を書いたんだ?って話ですが、言わなくても分かりますよね?( ̄▽ ̄)

イメージ 2


 そうです。

 これです(笑)





 プアイディディ



 
そんなルアー無ぇ(笑)(笑)



プアイディディってなんだ(笑)


イメージ 3



 はい、これですね、Nip-I-Diddeeです(笑)

あー、そこそこ、拡大しても本文はボカシちゃったから読めません(笑)
パリコレさんは別にボカさなくても良いですよと仰って下さいましたがやっぱそこはアレでしょ、

 買って下さい。

(笑)(笑)


 めっちゃ長文、他の方は2ページ位の所を4ページも(笑)

 ほんとは何ページになるんだろ、元の原稿はA4ワード文書で7ページ、9000文字弱有りましたしね(´゚艸゚)∴ブッ 

 それをパリコレさんに丸投げw

 そんな編集作業とか含めて一人でやっておられるんですねー。

 だから、


 買って下さい。

(笑)(笑)(笑)




イメージ 4


 買えと言った癖に、文章長くて読んでられるか!とかここ間違ってるぞ!とか言う苦情は飲み込んで欲しい気がする弱気なかうたんですが、他にも釣りの勉強にもなったり他では聞けない(読めない)あんな方との対談とか買って間違いない本ですから!(笑)

 いやホント( ̄ー ̄)ニヤリ

 そうそう、これまた同じくこのヤフーブログ(ヤフーヤフー書いてるけど、来年以降ヤフーじゃないのに初めて見た人は混乱するかな?笑)のこれまた超ド級マニアの変態さんも創刊当初からあちらこちらで記事書いてるみたいだし・・・w

 前号はお友達のシマドンさんも記事書いておられますし、その前は何度かコメント下さった事のある琵琶湖の漁師ことウメさん、そしていつも釣りでお世話になってるハーダンさん、一回目は最近少年じゃない道具も使う国産少年ルアーで御なじみのカープヒロシマさんも書かれました。

 えっ?経緯?

 あ、そうそう、そもそもはパリコレさんとカープさんとのお話の中で、かくかくしかじかトップ党(当時)であのルアー千一夜の別館企画をやりましょうって話が上がったらしくてですね、千一夜に出入りしてた数人で記事書こうってなったとかならなかったとか、まぁ大まかにはそんな感じです(笑)
 それで今回はご縁有って記事書かせて頂きました。


イメージ 5

 
 ほんとはねー、違うルアーを題材にしようと思ったんですよ。
 だって、僕と言えばニップ書くだろ、みたいな空気も有るし、ブログでも散々書いたし、その後間違ってた事が分かってトップトウ記事と事後相違な部分も有りそうだし(笑)



 本になんてニップの事書いたら万が一、高騰したら困るし(ボソッ

(笑)


 ま、こうやって誌面になってみればニップアイディディを書かせて貰って良かったです。
 自分のブログで好き勝手書き散らかすのとはやっぱり違って少しでも正確な情報発信となるよう調べ直したり新たな発見が有ったり、大変では有りましたが楽しくやらせて貰えました。
 それに千一夜に入り浸ってた頃を思い出そうと実は密かに開放して下さってる千一本家の記事を読んだり入ったコメントに対する管理人ののんだくれさん(って今呼ぶと本人物凄く嫌がります笑)のレスを読み返したり懐かしく、新たな思い出を重ねさせて貰いました。


 ・・・・なので是非読んでみて下さいね(笑)


 紙媒体は持ち運びにかさ張るけどネットが繋がってなくても電気が無くても明るくさえあれば読めるんだぞ( ̄ー ̄)

 ちなみにトップトウ、もしかしたらお近くの釣具屋さんでは置いてないと言う事が有るかも知れません。
 恐らくですが京都には置いてる所なくて僕は隣県まで買いに行ってます。
 今ではその釣具屋さんとお話するのが楽しくてトップトウの発売日が楽しみになっていたりするので良いのですが、それでも入手困難だとか有るかも知れませんね。
 そんな場合は取扱いの釣具屋さん(ネットで検索すればすぐ見つかると思います)から取り寄せる方法も有りますが、パリコレさんがトップトウストアと言うサイトを運営されておられ、そこで購入も出来ますのでアドレス載せておきますね。
大体季節ごとに年4回発刊されてますが、年間一括購入も出来ますよ。


↓↓↓↓↓↓↓↓


じゃ、


読んで下さいねー!(笑)