皆様、お久しぶりで御座います。

 ここ数年、TOP画像しか更新しておりませんでしたので、その間、全て空白となっております訳です(汗

 フェイスブックで友人にならせて頂いている方々は良くご存知ですが・・w

 実は、1歳の頃よりこちらに引っ越す迄ずーーーーっと住んでおりました京都市を離れ、京都府の中北部、当ブログでの通称釣れないダムの近くに引っ越して参りました。

 つまり、嫁さんの実家へ来たわけで有ります。

イメージ 1

 話せば長くなるので、端折りますが、2015年の春に引っ越して、本日まで色々有りました。
 この間を埋めるべく、思い出しながら少しずつブログ更新してみようかなどうしようかなとか思ってます(笑)

 だって続ける自信無いから(笑)

 なので尻切れトンボになるかも知れませんが、リハビリのつもりで始めますね。

 引っ越しを決めたのは2014年の秋、家族で色々を相談した結果、こうなりました。
そして生活するための働き口など凡その事を決め、年明けには動き出して2015年3月6日、20年強勤めた当時の会社を退職、晴れて無職という貴重な体験をする事が出来ました(笑)

 高卒で入社し、だらだらと真面目に働いて来た仕事で辛い事も沢山有ったけど、決して嫌いでは無かった仕事でした。
 決して好きでも無かったけどw

 でも人生の半分を過ごした会社だけに思い入れも有ったのでしょう、最終出勤日、就業の時刻終礼の際、前に呼び出され挨拶をする事になりましたが、喋ろうとしても声が声にならず、涙が溢れてくるのです。
 自分でもまさかと思ってましたが「長い間、お世話になりました!有難う御座いました!」と言うのが精いっぱいで。

イメージ 2

 その日の帰路は見慣れた景色のハズなのに物凄く懐かしく感じる風景でした。
 帰りの駅までの道も乗りなれた御堂筋線、阪急京都線と毎日長く感じていた1時間半の通勤ルート全てが、あれほどかったるく感じていた道のりが、もうこれで最後だと思うと寂しくて仕方ないのでした。

 もちろん寂しい事ばかりではなく、例の釣れないダムがすぐ側なのでしょっちゅう釣りにも行けるし好きな山菜も春には頂けるし、遠かった日本海も近くなるし・・・

 不安と希望を抱えつつ、引っ越しまではまだ一月ほど有ります。
 その間にはまだすべき事も幾つかあり、無職と言っても何かと忙しい日が続く訳です。

 ぷはー。久しぶりに記事書くと結構疲れるなぁ(笑)