いつぶり?
 
 めっちゃ久しぶり。
 
 今年、春の50あっぷの後にもバス釣りしたんですよ。
 
 一回だけだけどw
 
 その事も記事にしてないのに・・・
 
 マグトーの記事・・・
 
 それもヘドン書庫じゃなくエグりの書庫で(笑)
 
 
 ちょいとね、面白い事が有ったんですよ。
 
 
 
 それはまた後で触れるけど。
 
 今回エグったマグトーはこれ。
 
イメージ 1
 
 カラーコードCRWS、クリスタルシャッドホワイトスポット。
 
 
 
 通称、イワシ!
 
 
 
 
 
 ・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 ちゃいます。イワナです(笑)
 
 
 
 横割れの吹き目、カップリグのカリペラですね。
 
イメージ 2
 
 なんかお目目があっちゃ向いたりしてない、意外とまともなお目目です。
 
 いままでもオールドのカップリグはエグった事有りますが、鼻先のカップリグは初めて。
 
 でも、ちゃんと存在してるんですよね。詳しい事は判らない(調べる気が無い)けどw
 
イメージ 3
 
 初めてカップワッシャーのマグト見た時は「あれ?この前の穴ナニ?」なんて思った物ですが・・・
 
 実はこの穴が今回のラッキーを招いてくれた要因じゃないかと思います。
 
 
 
 ルアーはマグトですがw
 
 
 
イメージ 4
 
 フックは鷲爪。
 
 この頃のフックってイークロにせよマスタッドにせよ、溶接部分がちょいとイモになってて愛嬌有りますよね。
 
 当時の技術はこれでも先端を行ってたんでしょうけど。
 
 今の科研フックより釣り針してるよなー。
 
 掛かりがどうのじゃ無くて、見るからに釣り針の形・・・・上手く言えないけど・・・
 
イメージ 5
 
 しかし、何でカップリグとサーフェイスリグと有るんでしょね。
 
 そりゃ、言い出したらキリが無いけど、ダイイングフラッターだってボディ前後のカップが着いてたり、着いてなかったり。
 
 ペラもカリペラ、直ペラに安っぽい打ち抜きペラ。
 
 そう言えばベビトーにも打ち抜きペラと直ペラとが有りますね。
 
 思えば何故のモデル(マイナー?)チェンジなんでしょ。
 
 プラドコで復刻のヴァンプスプークにリップ有りと無しとが有りましたが、それとは明らかに狙ってる所、違う気がするし。
 
 何故?
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 そう言えば・・・・
 
 
 
 エグりの記事だったんだw
 
 
 忘れてたww
 
 
 
 これね、お値段だけ先にバラシちゃうと540円。
 
 税別ワンコインっちゅうヤツですね。税込むとワンコインで足りないって言う(笑)
 
イメージ 7
 
 
 お昼休みに行ったんですけど、これだけ残ってたんですよ。
 
 ここの系列、11時オープンだから、開店後2時間弱。
 
 まあ平日だったってのも有るんでしょうけど。
 
 実はね、袋に有る魔法が掛けられてたんですわ。
 
 魔法レベルは低めですけどw
 
イメージ 8
 
 多少傷とか有るけど、まだ比較的綺麗なんですよ。
 
 フックなんかも錆びてないし。
 
 割り方もお目目もオールドな訳で、このカラーがこのお値段。
 
 まあ、普通に考えて近年じゃ有り得んなと思ってたんですよ。
 
 それが何故540円なのか。
 
 んで、魔法とは何なのかって。
 
イメージ 9
 
 よく見て。
 
 左上。
 
 魔法の言葉。
 
 「リグ交換」
 
 これ。
 
 恐らくは値付けした人はマグトー=Sリグだと思ってたんじゃないかな?
 
 もしくはフロントノーズアイのカップ。
 
 確かに見かけないもんねw
 
 だから「リグ交換」したんだと思ったんでしょね。
 
 恐らく、今ならダイリツ物だってこのお値段越えてたりしそう。
 
 でも、リグ交換、いわば「準改造品」
 
 フックが着いてなかったりするだけでお値段がドンと下がってる事ないです?
 
 あれと一緒な訳ですね、きっと(笑)
 
 なので、このお値段で売られてて、客も袋にこのマジックスペルが書かれてたから買わなかったんじゃ無いかって言う。
 
 自分も一瞬、あれ?って思いましたから。
 
 それでも詳しい人が見ればすぐ気付くから、夜行ってたら無かったでしょうね(笑)
 
 ラッキーでした。
 
 マグトーですけど(笑)
 
 
イメージ 10