何故か140kmオーバーの軽バンに80’sさんと乗る事になってしまったワタシ。
 
 あ、でも良く考えたら80’sさんも大きいから、流石にこの二人が乗るとスピード出ないだろう。。。
 
 何しろね、80’sさんもブログで書いてはりますが、肘と肘が触れ合うほどこの二人はデカイのです。
 
 なのにね、グングン加速する訳ですよ、この車・・・( ´д`;)
 
 後ろ振り向くじゃないですか、ハーダンさんのステップワゴンが付いて来るのにヒィヒィ言ってるのが分かるんですよ(汗
 
 この車、まさにヒツジの革を被ったオオカミですよ・・・。
 
 ともかく・・・・怖いので、涼しそうな顔しながら説法してくださる80’sさんの話に集中しようとしてました(笑)
 
 釣れんでも楽しいって言うけど、あら嘘やな。みんなで釣りするって言う事は楽しい事やけど、釣りやから釣れた方が楽しいに決まっとる。
 今日、誰か釣れんかったとする。そしたらやっぱ釣れんかった人はちょっと寂しいやろ。そしたら回りもやっぱりその人の気持ち分かる手前、手放しでは喜べん。
 せやから、釣りは釣れなおもろないんや・・・
 みんなで釣りしながら、みんなで協力しながら、みんな釣るために応援しながら・・・・釣らしてやりたいから鬼になるんや(誰の事か分かりますね、御本人(爆)・・・
 
 このシト、めっちゃエエ事言うてはるのに、メーターは振り切ってんの(笑)
 知ってます?140kmまでしか無いのね、軽って。
 そらね、足回りとかガッチリしてあるから安定してるんですよ。運転技術も流石です。
 でもね、メーター見たら嫌がおうにも140km以上出てて、この車が軽だって事思い出すんです(笑)
 この瞬間が一番怖かったです(爆)
  
 多分・・・ハーダンさんも含めてでしょうが、僕もフォルテさんもカープさ・・・カープさんも?(笑)みーんな町内のガキンチョで、80’sさんはガキンチョ目線で僕らの面倒を見てくれてはるんやろなってそんな風に思いました。
 これで遊んだら面白いで。こらこら、それは危ないからやったらアカンで!
 子供の頃、こんなおっちゃん近所に居ませんでした??
 
 ・・・・まぁ、そのおっちゃんが今、140kmの向こう側を見せてくれてるんですけどね・・・(汁
 
 やがて高速を降り、ハーダンさん号の先導で目指す池へと向かいます。
 だんだんと道幅が狭くなり、やがて山道へと・・・行った先に有ったものは電流フェンス。
 動物除けの為の様ですが、前回は無かったそうで・・・・80’sさんが管理人のおっちゃんと馴染みで釣りはOK貰ってると言う事なので、フェンスを開ける事に。
 
 さて問題は、誰が開けるかと言う事ですが・・・・・ここはオットコ前、ハーダンさんがチョンチョンと通電の有無を確かめてから開けて下さいました。
 
 そして再び山道を登りますが、車一台の幅しか無い地道。もちろん凸凹です。
 
 ハーダンさん号が先行しますが、こちらの140km号は何しろ重量級二人・・・スタックでもしようもんなら一発ですが、実は4駆だったりするので有りますこの軽バン(笑)
 オフロードも走れるヒツジの革を被ったスポーツカー(笑)そのうち水の中でも走れる様になりそうです(爆)
 ここでも80’sさんのドラテクが物を言います。ハンドル切り損ねたら崖下へ直行する様な凸凹道をたくみに登って行きます。
 
 ついにチラと池が見え、前のステップワゴンが止まりました。
 
 早速、皆準備をし、池への降り口に立つと・・・・崖やん(笑)
 
 言っても落ちたら死ぬって程では無いですけどね。骨折る程度です(笑)
 
 浮き輪や竿を手分けしながら下ろし、池の土手へ立ち、慣れている浮き輪先輩方から入水してもらいました。
 
 どうやら減水してて、水際の泥を踏むとメタンガスが排出され、皆メタンの洗礼に悩まされるのでありました(笑)
 
 最後にフォルテさんが入水し、全員が浮ぶ頃にはもう薄暗く、誰が誰なのか判別出来なくなりました。
 
 80’sさんとハーダンさんが護岸サイドを、カープさんとフォルテさんと僕がオバハンサイドを行く形です。
 
 途中、僕は反対側の護岸サイドへと鞍替えし、ここでもニップを護岸へ向けてキャストです。
 
 この頃にはもう、真っ暗で護岸までの距離がイマイチ掴めませんで・・・ニップ、ボロボロになりました(笑)
 
 当然、声や着水音、それと時折光るそれぞれのライトだけが居場所を知る手掛かりなんですが、着水音の中に、ついにバシャッと捕食音が聞こえました。
 
 80’sさんの様です。「あっ・・!」と言う声だけが聞こえました・・・・・バレた様です・・・(笑)
 
 すると今度は後方、つまり反対側を攻めるカープさん、フォルテさんの方からバシャバシャ聞こえます。
 
 どっち!?・・・・キマシタ!ここでも、「持ってる」人です!同僚から巻き上げた潤沢な資金でグリーン車で来たヤシことフォルテさん(笑)
 
 80’sさんが「ルアー何やった~?」と極当たり前の様に聞きます。
 しかし、フォルテさん沈黙です。
 再び80’sさんの声が聞こえます。「おまえ!バズジェット使たんちゃうちゃろな!?」
 フォルテさん、返事しません・・・・・・(笑)
 覚えておられますでしょうか、今回はフォルテさん、80’sさんよりバズジェット禁止ミッションが出ていたので有ります(爆)
 しかし、便りの無いのは元気な証拠、返事の無いのは使った証拠(笑)
 
 池の端に居る80’sさんから反対側の端にいるフォルテさんが長距離説教されたのは言うまでも有りません(笑)
 
 でもね、全く堪えず二匹も釣っちゃうのが持ってる人(笑)
 今回もまたバズジェットだそうな(爆)
 
 また説教かと思いきや・・・80’sさんもヒットして、説教所じゃ無さそうです。良かったねフォルちん(笑)
 
 言ってる間にカープさんもジャッカルのでっかいセミで派手なファイト音を響かせながらゲット。
 
 既に池の半分くらいまで来た所で僕のジッタースティックにもバイトが出始めました・・・が、乗らん(汗
 バイト音からすると小さそうですが、普段からナイトには馴れてるはずなのに全く乗りません。
 
 ついにジュバッ!と言う捕食音まで聞こえ、ナマズ???かと思ったのですが、ここではナマズは未確認らしいです。
 
 そのうちフックアップするだろうと思いつつも、今度は後ろの方でハーダンさんがヒット!
 
 岸際じゃ無く、沖の真ん中で出たみたいです。
 
イメージ 1
 
 写真撮りますよ~~~!とか言いながらフラッシュ焚いて写したのがコレ(笑)
 
 遠すぎて何がなんだか判りません(笑)
 
 あれ・・・?なんだか怪しい煙が・・・・( ̄■ ̄)
 
 そう言えば最初っから、なんだか雰囲気怪しかったんですよ・・・・(ゼロ感ですが笑)
 
 この時もね、空を見上げたらUFOでも飛んでるんじゃ無いかななんて思いながら煙草ふかしてた訳ですよ・・・・煙草?
 ・・・そうです、煙草の煙写っちゃいました(爆)一応確かめたんですが、撮り直してもどうせ同じだろうから良いかって事で(笑)
 
 っと、そんな余裕無いんだった(汗
 
 ついに釣って無いの僕だけです・・・・・・・anqってしまう!!!(笑)
 
 でもまだ半周残ってるからと焦らずに、ハーダンさんたちの応援の声も有って、事前にハーダンさんよりアドバイス貰ってたプラグにチェンジ。
 
 2投目でした。
 
 今までに無いハデなバイト!
 
 このルアー、今までフッキングした事無いけど・・・・・すーっと竿で聞いてみると・・・食ってる!
 と、グーンと合わせますと、しっかり乗りました!
 
 ひょ~~~!!引く~~!来た~~~!・・・・とかハヒってたと思います(笑)
 
イメージ 2
 
 メジャー持ってこなかったのを後悔した40UPです。
 エプロンメジャーのシワ伸ばしてあてがうと42~3程度な感じですが、ともかく、よー引きました。
 初ビッグバドだったんでチョ~うれし~ので有ります!
 
 もうこの一匹で満足、またまた果てておりましたら・・・「かうたん!もう一匹行こう!貪欲になろうや!(笑)」と80’sさん・・・「はいぃぃっっ!!」何故かこの人に言われると体育会系になってしまうのでした(笑)
 
 その後も暫くの間、バイトは多発するのですが、フックに触る気配なし・・・・カープさんと80’sさんは相変わらずヒット~~~~!バレた~~~~~!を繰り返しておられます(笑)
 
 確か、ハーダンさんは最後に一匹追加されてた様な・・・・フォルテさんはどう言う訳か、浮き輪の空気が少なくなった様で、3回ほど空気入れ直してます。
 その時に野○ソしていた様であります(笑)
 
 そのうちバイトも無くなり、お食事タイムの終了。
 
 時間もエエ頃・・・・ついに上陸する事になりました。
 上陸の際は、人間不思議な物でヘドン臭さは我慢出来るのにメタン臭さを嫌って護岸側の階段からハーダンさんと僕は上陸しました。
 カープさんが少し離れたもう一箇所の階段から上陸しようとされてます。
 その時にまた事件は起こったのでありました(笑)
 カープさんが浮き輪をこちらに預けようと持ち上げた瞬間・・・・浮き輪のアルミバー2本がコンコロリンと・・・
 カープさん、取ろうとランディングネットを伸ばしますが、ギリで届きません(汗
 
 一本は沈みましたが、なんとかライトの光で見える所にあるので浅そうです。
 
 ハーダンさんが「交代!」と少しずつ足を進めますと・・・水深はヒザ程度なので有りました(笑)
 
 全員無事上陸し、連携ぷれいで池から山道へ登り、片付けも事無く終わり、80’sさんの助手席はフォルテさんにノシ付けて譲り(笑)、今度は140km号が先行で山道を下ります。
 もう流石にハプニングは無いだろうと安心したのも束の間、そう言えば入り口のフェンスは・・・・今頃通電してるかも・・・(汗
 
 ハーダンさん号が底を擦りながらなんとかヘッドライトがフェンスを照らし出す所まで降りると・・・・おお!
 無事フェンスがオープンされてます!次の瞬間・・・・!
 
 「んが・・・」
 「??????????」
 
 ハーダンさん号の全員は固まってしまいました・・・・
 
 フェンスが開かれた道の真中に忍者がおります・・・・右手を地面、左手は立てた左足の膝、顔を俯かせ・・・忍者が殿に命令されて、「ははっ!」と言う時のポーズで有ります・・・・。あまりの突然さに写真撮り忘れたのが残念です・・・。
 
 「ヤシは何をやっとんねん??」「さぁ・・・・」「ターミネーターっすかね??」「いや、忍者でしょう・・・」「アホや・・・」「僕と同じ歳っすよ・・・」
 
 
 「ちょっとぉ~~~!!もうちょっと反応してくれても良いでしょう~~!!せっかく決めたのに!!」
 ・・・なにやら真剣の怒っとります・・・(笑)
 
 なんか、今回はフォルテさんが皆に愛される理由が分かった様な気がする旅でした(笑)
 
 気を使ったそぶりも無く、自然体で気が利くと言うのでしょうか。しかも関西人の笑いのツボを心得とります(笑)
 
 カープさんは普段、物凄く大人な感じで優しいのに、釣りとなるともう、噂に聞く通りの少年カープで。
 
 ハーダンさんは行動が大胆で、やはり優しく、面倒見が物凄く良いです。
 
 80’sさんは・・・・一言で言うと、おちゃめ?(笑)
 
 皆さん本当にエエ人ばかりでした。
 
 帰りは明石海峡大橋のSAで夕食を摂りながら再びアドン温泉で大爆笑、気が付くと22時を回っておりました(笑)
 
 ここで80’sさんとはお別れで、フォルテさんがanqさんに渡す荷物を取りに先にハーダンさん宅へ戻る事になったので、そこで別れました。
 
 最後にハーダンさんからこれまた滅茶苦茶嬉しいお土産を頂きました。
 
イメージ 3
 
 本当に皆さん、お世話になりっぱなしでしたが、有難う御座いました!
 早く、次の再会を果たしたいですね。
 その時も宜しくお願い致します!!
 
 無理矢理5000文字に収めたぞ~~(笑)
 
イメージ 4