またまたチビTOPが続きますよー(笑)

イメージ 1

 今度は、結構有名なのにも関わらず、殆どその姿を見ることが無いギルモアのコンコロリンペンシル、スモールジャンピングGで御座います。

 前回記事のバックンボウルJr.と同じく、これもJUMPING-Gの一つ目の「G」を省略して、ジャンピン・ジーと発音してた気がします。

 ギルモアの例の蛇皮の奴と同じく、高くて買えないルアーの一つでした。

 昔は結構見かけた気がするんですが・・・もうオクにすら中々出てきませんね。

 チープな感じのする塗装に、しかも国産とは比べるまでも無い高値。

 普通のガキンチョは全く無視するハズなのに、なんで興味を持ってたのかと言うと、蛇皮の奴と同じく、友達が持ってたからなんですねー(笑)

 子供にありがちな理由で欲しかったこのスモールジャンピングGは、有りがたい事に、有る方から戴きました。

イメージ 2

 仕上げはいかにもギルモアと言った、木目の浮いた塗装で、黒と言うカラーがどこか、和の木食器にも似た雰囲気を出してます。

 やっぱりからして、薄い塗装皮膜はそれほど強くないのですが、時として木に食いついた様な強さを見せる様です。

 バリッと塗料が塊ではがれず、ヒビが入ってぺリペリと小さくめくれる様な感じですね。

 ハンドメしないので良く分かってませんが、木工関係の方と喋ってると一口に塗装と言っても単純では無いようです。

イメージ 3

 サイズにして約5.5cm、大体ダイワのバスハンターと似た様な大きさです。

 バスハンターとの比較で思い出しましたが、この形状、どう見てもペンシルベイトっぽく無く、どちらかと言うとクランクベイトですよね。

 ギルモアにはこいつにリップを付けただけと思われるクランクベイトも有りまして・・・そっちが先なのかな?

 リップを取ってみたら水面で良く動いた、とかそんな所なんでしょうかね?

 スモールジャンピングGと言う名前でも分かる通り、兄貴分のラージジャンピングGも有りまして、同じくレアなルアーです。

イメージ 4

 クランクベイトちっくなスタイルから生み出される水面芸は、スライディング等とは全く無縁、その代わりピコピコネチネチさせたら右に出る物が有るのかと言うほどの役者。

 何でオクなんかでも出てこないんでしょうねぇ。

 中古屋じゃ勿論見た事ありません。やっぱり先に書いた様な理由でタマ数が少ないんでしょうか?

イメージ 5

 このルアーを見てると、普通のクランクベイトのリップを取っ払えばペンシルベイトを作れそうな気がしますが、やっぱりバランスなんかの問題で簡単では無いんでしょうね。

 ペンシルベイトと書きましたが、例えばバイブレーションプラグをリップレスクランクベイトと言う様に、ペンシルベイトをクワイエットと表現する事が有ります。

 平べったく、丸っこい形状のジャンピングGはペンシルと言うには太すぎる感じがして、クワイエットと言った方が良いのか・・・クワイエットと言うにはチョコマカと小五月蝿く動きますが(笑)

 幾つか欲しいルアーですが、ほんとに見かけません。

 たまーにオクには出ますが、一気に大気圏を超え、宇宙空間まで達するので競り合えません^^;

 中古屋で見かけたらコッソリ教えて下さい(笑)

イメージ 6