どもども、皆さんお久しぶりです~。

 久しぶりの記事ですが、ストームです。
 それも、三度、ウィグルワートです♪

 同じルアーを何度も記事にしちゃうのはNip-I-Diddeeくらいですが・・
 ストームも好きなんだから仕方ない(笑)

 でも・・今回のはちと変なヤツなんで・・・ご勘弁を。

 ご存知の方はご存知なのかな?

 では勿体ぶってないで、そのウィグルワートにご登場願いましょう。

イメージ 1

 どうです?酔っ払いカラー。珍しいでしょ?(爆)

 ・・・と言う訳では無くて。

 変なのはカラーじゃ無いんです。
 まぁ確かに目がまぶしくなるカラーですけどね。写真も上手く撮れません(笑)

 見慣れたウィグルワートと違う所、見付かりました??

イメージ 2

 背中だけ大人しい色合いが使われてます。
 この背中のラインがワンポイント・・か?有っても無くても変わらない気がしないでも無いですが・・(笑)

イメージ 3

 リップ裏にはストーム時代の証がプリントされてます。

 やっぱりストームはこのネームじゃ無いと締まりません。

 フックはブロンズフックなので・・滅茶苦茶古い物でも無さげですね。

イメージ 4

 ストームと言えば、もう一つの大きな特徴はやっぱりこのアイですよね。
 これだけ自己主張が激しいルアーもなかなか有りません。
 でも、この単調なカラーリングが有ってこそストームアイが際立つんだと思うのですが・・いかがでしょう。

 ストームストーム言ってますが、勿論、THINFIN時代を忘れた訳では無くて、どうしてもここのメーカーのルアーを見ると現行との比較ばかり気になりまして・・。
 今の良く分からないラテン系(?)の文字で書かれたルアー名やパッケージ、それにカラー。
 ラパラは大好きですが、あれだけは頂けません。

 とまぁそう言う愚痴ばかりが出て来るんですね^^;

 しかし、プラドコですらHeddonのルアーについてここまで言われないのに、現ストームについてはどうしてここまで言われるんでしょうねぇ^^;
 やはり文字通り、ルアーメーカーとしてのカラーを変えすぎたから・・・かな?

 ルアー自体は現行品も悪いわけでは無いとは思ってますが、どうしても旧品を探してしまいます。
 オールドとの比較と言えば・・・そうそう、そこなんです、変なのは。

  以前のウィグルワートの記事へのコメントで、古いタイプのウィグルワートについて朋さんが仰るには、

「ラインアイを中心に回りが5mmくらいの正方形の圧着の跡があるのが旧タイプのような記憶があります」

 との事。確かに古いウィグルワートにはそんな跡が有ります。

 ですが、アイ周りはフラットな筈・・・・。

イメージ 5

 違いが分かります??

 ラパラ吸収前も、吸収後もウィグルワートはラインアイの回りは平らな筈です。

 しかし、この酔っ払いのラインアイ周辺はくぼんでいます。
 実に初めて見る凹みでした。

 80年代までのウィグルワートと90年以降、ラパラに吸収されるまでのウィグルワートとの間に凹みの有るこのウィグルワート・・・・??
 
 、ストーム大好き大御所のルアー千一夜・のんだくれさんにもお聞きしてみましたら、恐らくは90年代初頭、ストームの工場がメキシコに移転した頃の物だそうです。
 アメリカのマニアの間でも話題に上ってた事が有るそうですが、結論は出ていないようで・・。

 それ以前も以後もアイ周りはフラットの様ですね。

 そこで・・・先の朋さんのコメントから察するに、元々は凹みが有る所に補強か何かで埋めちゃってたんじゃ無かろうかと勝手に妄想しております。
 それがどうせ埋めちゃうんなら、最初からフラットにしとけ!・・とか・・。

 ・・・あれ?そんな事、気にしちゃうの僕だけですか?(笑)
 他にも深い部分が有るみたいですよ~~。
 長くなっちゃうので、これ以上は書きませんけど(笑)

イメージ 6