久しぶりにルアー紹介でもさせて戴きます。
 久しぶりだけに、久しぶりのZEAL、チマチマプロップです。

イメージ 1

 実は、昨日、中古屋さんをプラプラ~っとしておりまして・・・
 最近はZEALも買ってなかったんですが、つい目に止まったのがこのチマプロ。

 普通のカラーじゃ買って無いんですが、これはズイラーなら憧れの・・と言う程でも無いかな?(笑)

 カラーコードCCMYしぃしぃぇむぁぃ獅子舞カラーです。
 頭が赤、胴体が唐草、で、口が金。なんともジジ臭いカラーなんですが・・・

イメージ 2

 このCCMYカラーはZEALでも人気のカラーでして、色々なプラグでこのカラーが出ています。
 僕もいくつかこのカラーを持っています。

 CCMYカラーが登場した歴史はそれほど古く無いのですが、ズイラーはこう言うカラーコードが大好きでして(笑)
 初回の登場は1999年のチマチマプロップ、そうこのプラグからCCMYがラインナップされました。

イメージ 3

 ZEALビデオにも登場するのですが、それ以前にこのチマチマプロップに限ってはオークションでも凄い値段がついてましたから、元々人気は有りました。
 最近はあまりチェックしてないので良く分かりませんが・・前のオーナーさんもしっかりズイラーだったのでしょう、ほぼ新品状態でした。
 僕も部屋に飾っておこうかと・・・(笑)

 でも、もしチマチマプロップを使った事が無い方がおられたら一度は投げて頂きたいです。

 こいつ、全長にして約4cm、ギルがついばむようなサイズなんですが、実力はピカイチです。

 前に一度、チマチマプロップGE(グラスアイ)の時に一緒に紹介してるんですが、ただ巻きでもコポコポ動きます。
 勿論、竿先をチョンチョンやってネチネチと虫を表現してもOK。

 だけど、このチマプロの一番の得意技はやっぱり音。

イメージ 4

 見た目からも想像が付くように、チャグ系のポッパーです。
 この口で出す音で魚を誘うタイプのポッパーです。

 でも、そんじょそこらのポッパーじゃない。

 音のバリエーションがとても多彩なんですよ。

 コポンと言う普通の音から、ゴボッと言う音、チュバッと言う音、ゴッボォンと言う音まで実に沢山の音を出せます。

 僕が一番好きなのはチュバッと言う音を出して、暫く待つ。するとジュボッと引きこまれる訳です。

 そもそも、プロップと言うとペラの事なのに、何故にプロップ?
 プロップのロの発音で違って来るんですね。こいつは、つまりPLOPと書きまして、音を表す擬音なんです。
 ガーッとかグイーンとか言うアレですね(笑)
 PLOPとは物が落ちるポチャンとかそう言った音を表す擬音です。

イメージ 5

 このサイズだけに投げるのはスピニングやスピンキャストの方が便利ですが、ベイトタックルでも扱えます。
 ライトクラスのスローテーパー、丁度ZEALのプッシュウォーターが良い具合です。
 あのロッドはTOP用ロッドに多いベニョンベニョンでは有りますが、カーボン製の為、しっかり振りぬいてもさほどダレません。グラスに比べるとしゃきっとしてます。

 若干垂らしを長めに取ってキャストはしなければなりませんが、15mも飛べば問題ないでしょう。

 糸ふけを少なめにして少し勢い良く引っ張ると例のチュバッと言う音が出ます。これが鯉やフナが水面をチュバチュバやる音にそっくりなんです。
 バス釣りに取っては返って逆効果な音の様な気がしますが、なぜでしょうね。以外と効果的だったりします。

イメージ 6

 このCCMYが出た時に発売されたカラーは他に9色。
 HBC、YRN、YAGN、CRP、SKS、M、BP、CO、BNです。HBCはハデバスンチョ、SKSはサクラサクだったかな。
 まだ何色かは手元に残ってますが・・写真が有りません^^;

 チマチマシリーズは、小さいだけに一時期流行ったフルサイズトップに押され気味でしたが、今でも可愛いと言う声をたまに聞きます。
 でも、可愛いと侮ってると、このチマプラグの実力にやられちゃいますよ(笑)

イメージ 7