SPEED=(動作や行動が)早い事、速さ、迅速。

 TRAP=計略、策略、罠

 これから何を想像されますか?

 早い罠??素早い策略??

 意味分かりませんね(笑)

 もう一つ。ネズミ捕りって言うと・・・一度や二度、お世話になった事ありますか?
 いえ、家に設置するネズミ捕りじゃ無く、調子こいてスピード違反してると前から赤いハタを振られて・・もしくは後方から「前の車、とまりなさーい」

 もう少しアメリカンに想像力を働かせると、物陰に隠れて獲物を待ち構えるパトカーの前を凄まじいスピードで通り過ぎる暴走車。
 さぁパトランプが回り、サイレンが鳴り響き、カーチェイスの始まり!

 速度違反取締り区間。
 スピードトラップとはスピード違反取締り区間と言う意味でした。

イメージ 1

 ルーハー三連発第一弾は密かに人気の早巻きクランク、スピードトラップです。

 やっぱりパトカーがバスで、ルアーが暴走車なんでしょうか??

 エッジの効いたシェイプで水を切り裂きながらストラクチャー脇を通過させた瞬間にゴゴン!

 ・・・そんな簡単には釣れませんて(笑)

 噂には聞いていましたし、ルーハージェンセン自体、好きなんで中古屋さんで見つけて一つ買ってきました。

 さてどう使えば良いものか・・取り合えずスピードトラップだし早引き・・・てな感じで使ってますが、未だ釣れてませんです(笑)

 オフシーズン入ってから使い始めたので、今年のシーズンに有る程度使い方分かれば良いかな、と。

イメージ 2

 ラインナップには1/4ozと1/8oz・・・とルーハージェンセンのオフィシャルサイトには説明が有り、そんなに軽いのかと疑ってしまうほどの大きさなんですが・・(笑)
 ちなみにこの写真は1/4です。
 約7gですよ。

 嘘でしょう。

 はい、どうやらその様です(笑)

 現行はラパラジャパンよりルーハーブランドで発売されており、ラパラジャパンのオフィシャルサイトによれば1/4が11g、1/8が8gとなっています。
 何でそんなややこしい表記なんでしょうね^^;

 まぁ要するにこの写真の大きい方のモデルで3/8oz有る訳で、問題なく飛距離は取れます。

 50~100cmほどの水深で早引きすると良さそうですが、やっぱり根掛りが心配ですよねぇ。

イメージ 6

 でもこの台形リップのおかげなのか、根掛りにはそこそこ強そうです。
 今の所、ゴツゴツと底を叩いてもスタックはしてません。
 とは言っても根掛りはやっぱり怖くて、ゴツゴツ来たらゆっくり巻いちゃうんですよねぇ^^;
 だから釣れないのかな。

 
 ちなみにお目目は安っぽさを感じてしまうシール目。買った時には少し剥がれかけていたんで瞬間接着剤で補修しました。

 スピードトラップの話になるとよく出るのが生産国。
 このモデルは恐らくメキシコ産ですが、元はアメリカ産。
 そして現行は中国産。
 基本的には動きなどは変わらないそうですが・・・。

 現行と以前のモデルの差はお目目。現行はペイントアイになっているそうです。

 ペイントアイの方がお金かかってそうですけど^^;

イメージ 3

 数年前、フラットサイドクランクが大流行しましたが、それと関係有るのか無いのか、腹部と側面下部にエッジが設けられ、いかにもな流線型になっています。
 果たしてそれが水流を意識しての事なのかは分からないのですが、名前にピッタリの形には思えます。

イメージ 4

 また、この横に出っ張った形がカバークランキングに一役買っているのかも・・・てな事は無さそうですが。
 もっと調べれば色々分かるのかも知れませんけどね(笑)

 こりゃ小さいサイズも手に入れて釣れると言う噂を検証してみなければなりませんな・・・。

イメージ 5