ほんとはこの書庫名、ノーマンにするべきなんだよなぁ。
 だって持ってるギルモアってほぼノーマン傘下になってからの物ばかりだし・・
 でも、ノーマンのラトルーとこいつを一緒にしちゃダメだよなあ(笑)

 何度か述べてますが、ニップで釣って以来、ダブルスイッシャーにハマってます。

イメージ 1

 沢山有るダブルスイッシャーの中からいつもカラーが特徴的だなと思っちゃうギルモアさんちのミディアムジャンパーです。

 実は、ジャンパーと言えば、社会人になるまでカパーヘッドの事だとずっと思ってました(恥

 子供の頃、友達がカッパーヘッドジャンパーだと言って恐ろしく高額なプラグを見せびらかしてたんです。しかも、彼が言うには、このペラが河童の皿だと。河童の頭でカッパーヘッド・・。

 ・・いやマジで(笑)
 しかし、子供ってそんなの信じちゃうんですよ(爆)

イメージ 2

 ほんとだ、回転するとカッパの頭みたいだ!

 大体このルアーに日本語付けちゃダメだろw

 だからジャンパー=カ(ッ)パーヘッドだと思ってました。

 話が久しぶりに逸れましたが、この供回りするオーバルペラがミディアムジャンパー。

 何でラージみたいに逆ひねりにしてくれなかったんでしょう?

イメージ 3

 例によって勝手な想像ですが、ラージ、ミディアム、スモールのサイズに拠る使い方を分けるための提案だったんでしょうか?

 ジャークによる激しい飛沫はラージジャンパーの特権だったと言う事になりますが・・。

 となると、ミディアムはスローにコウモリ引き、スモールは首振りなんかの小技を効かせた動かし方・・ってまぁそんなの関係無くジャーッと引いてますが(笑)

 ただし、ダイイングフラッター同様、首振りは苦手です。と言うか、僕には無理です(笑)

 タックルバランスを合わせるとか、腕が上達するなどすれば首も振れるかも知れませんが、そんな釣り方する時は迷わずニップを使いますからね♪

イメージ 4

 僕の場合、まずフィールドに着いたら、この状況だからこのルアーを使うと言うより、このルアーで釣りたいから使うって事の方が多く、それで釣れないから飽きてルアー変える方が多いです。

 なので、ボックスに入っていても、全く出番の無い日なんかも多いのですが、ローライトでこの長さのWスイッシャーでジョロロロとただ引きし、その引き波を見るのって楽しいんですよ。
 最近はまってるラパラFJによる水面ウネウネやポッパーで高速スプラッシュ・・楽しいです(笑)

 そうやって釣りを忘れて楽しんでると、突然バシャッと水面が割れる・・・これが僕のトップウォーターフィッシングで一番好きなシチュエーションです♪

 ギルモアのプラグを取り上げる時、いつも思うのはこの木目が分かりそうなチープな塗装の良さ。
 ご多分に漏れず、何か安っぽさの残る塗装を施されています。
 まだヒビは入っていませんが、ヒビ入っても多分、シブイとか言って喜んでそうです(笑)

 しかしこれでカラーが違って目の形さえ変えりゃデビルズホースにそっくりだなー(笑)

イメージ 5