最近ラパラの記事、アップしてなかったので飽きたと思われたかも知れませんが、そんな訳ゃ有りません(笑)

 釣具屋さんと名の付く所へ行けば必ずチェックしてますよー♪

イメージ 1

 僕がバス釣りを始めた頃には既に世に送り出されていたこのファットラップ。子供の頃は高くてそれ程ラパラを持っていませんでしたので、実は手にしたのは昨年からだったりするから自分でもこのラパラの数の増え様には呆れます(笑)ニップも同様なんですが。

 私・・最近太り気味なの・・・。いやいや、そんな事は無いよ、あまり気にすると身体に毒だよ・・・。

 ファットラップと言う様にラパラの他のプラグと比べるとずんぐりむっくりな感がするこいつですが、一般的にクランクベイトと言われるルアーと比べれば決してそんな事は無い、割とスリムなクランクです。

イメージ 4

 かと言ってラパラはバルサ製で軽いと言うイメージを払拭するこいつは7cm・1/2ozも有りますからストレスも無くキャスト出来ます。
 良く有る先が丸くなったリップでは無く、ウィグルワート系?いやいや、あちらよりもまだ四角いリップです。

イメージ 2

 シルバーフローセントチャートリュースと言う長ったらしい名前が付いているこのカラーもラパラでは定番色で、水中でもボワっと目立つカラーで割りと好きな色です。

 特徴的なのはリップの根元。∑型に加工されてます。なんちゅー細かい作りでしょうか^^;
 リップの抜け防止策なんでしょうね。

イメージ 3

 で、そのリップからラインアイワイヤーは伸び、内部を貫通して尻の方へ・・・

イメージ 5

 で、出て来た所がここ。写真じゃ分かりにくいかも知れませんが、透明の樹脂がもっこりと出っ張ってます・・・痔ですな。このまま放っておくと悪化する恐れが有ります。手術をお奨め・・なんて事は無く、強度アップ対策なんでしょうか?もしかしてリップが貫通!?

 僕には半分に割るなんて怖い事出来ません(笑)
 しかし、何にせよ、随所に細かい作りが目立ちますねぇ。頭が下がりますよ、ほんと。

 本来ならキビキビと言う表現が正しいのかも知れませんが、僕の印象では水中をヌルヌルと泳いで来るイメージです。潜行角度は割りと浅めですが、2~3mなら充分、5mと書かれているそうですが、そこまではどうでしょう。
 
 バルサだけに浮力の強さはさすがで、根掛りが怖いものの、止めるとすぐ浮いて来るので底を叩いた瞬間に止める様にしています。

 ただ・・浮いて来る時、なぜかクルクルと螺旋を描きながら浮いて来るんですが・・個体差?

イメージ 6