【1月11日修正】
 えー、初っ端から何ですが、ローデンエンタープライズと書いたものの、実際の所、分かりません(笑)

 ジョニー君は正直な所、パッケージに入っていないと見分けが付きません。と言うか、見分け方知りません^^;

イメージ 1

 でも、ルーハーのラインナップにも全く同色が無いため、勝手にローデン製かと睨んでおります。

 え、またジョニーラトラーなんかいな、と言う声も聞こえて来そうで・・・(笑)

 この手のルアーに弱いんですってば^^;

 でもね、少し前回のジョニーラトラーとは違う点が有るんです。さて、どこでしょう?
 って、一目瞭然だな(笑)

イメージ 5

 実はこのジョニーラトラーと言うルアー、サイズが2種類有るんです。
 上は以前記事にしたジョニーラトラー5/8oz、下は1/4ozとなっています。

イメージ 2

 このサイズ、春先なんかのベイトフィッシュが小さい時期には良さそうですが、サイズダウンした結果クイックな動きにはなったものの、首振りなんかの小技が効かせにくくなってしまいました。

 こやつに限った事じゃ無いんですけどね。
 大抵のルアーがサイズダウンすると操作性が悪くなる様に思います。

イメージ 3

 5/8ozは首振りも得意で、ネチネチしながらも大きなラトル音でアピールしたりと言った名演技をこなすんですが、小さい方はチョンと糸を張ってもそのままチョンとお辞儀する程度で・・・

 しかも、せっかくのラトルも小さいボディの為、暴れまわる事が出来ず、控えめです。

 代わりに、クイックな動きをする分、ペンシルポッパーなみの高速スプラッシュなんかは得意です。

 そう言う意味では夏のマズメ時なんかに小魚がピョンピョン追いかけられてる様なシチュエーションには強いかもしれませんね♪

 まぁ使うタックルにも拠るかとは思いますが・・ライトクラスのロッドでなら首を振るのも難しくは無いと思います。

イメージ 4

 でも、一箇所でネチネチやる様な釣りするならわざわざコイツ使わなくても他のルアーで事足ります。

 やっぱり激しい動きの方がジョニーには似合うと思いますから、普段使ってる竿(SG1-26)でこいつも投げちゃってます^^;

 しかし、口の切れ込みでスプラッシュを吐き、お腹のラトルでバスを怒らせ、お尻のペラでも音と同時に飛沫を上げるなんて、やっぱりジョニーラトラーって欲張りなプラグですね(笑)

イメージ 6