前に紹介したウッドザラパピーと一緒に購入した101匹ワンちゃんカラーのダイイングフラッターです。

イメージ 1

 特に取り立てては・・無いのですが^^;

 パピーと共にパッケージが破損の為、ワゴン行きになってたこのワンちゃん、良く考えたら中古屋さんじゃもっと安く買えた気がするんですが・・CDカラー繋がりで一緒に並んでたため、マジックにかかってしまった(笑)

 先日、たけちゃんさんもUPしておられたので、まさに何も言う事無いんですが・・(笑)

 良く見るとCDはお目目が金色なんですね。

イメージ 2

 HEDDONルアーはいくつかのカラーに金目や黄目があるようですが、やっぱりベースが白だけに目立たないから金目なんでしょうか。

 ダイフラは以前初めてバスを釣ったフロッグカラーとこのコーチと二本しか持ってませんので、ウッドやラウンドペラと比べてどう違うのか分かりませんが、このプラグのプロップはシャラララ・・と軽快な音を出しますね。

 ニップでも古いタイプはジョロロとかポロロと言った低い音、記念復刻物は割りと甲高い音を出します。プロップの組み方やボディの素材の差で音が変わったりするんでしょうが、その日の気分(あくまでバスに合わせてない笑)で音を使い分けるのもスイッシャーの楽しさだったり・・・と思ったりもします^^;

 そう言えばルアー全体を通してコーチ系はいくつか持っていますが、黄色地だったり模様が黒じゃ無かったりして、所謂ホワイトコーチドッグはこの時に購入したHEDDON二つだけです。

イメージ 3

 このカラー、白黒のトーンが際立って良く見ると渋いカラーだと思います。

 こう言う基本色のプラグを使い込むと味が出て来るんですよね。そう言った意味でやはりHEDDONやSouthBendの伝統色はやっぱり文句無しに格好良いと思います。

 流石に夜は寒くなってきて釣りに行けたとしてもなかなかTOPでは出てくれなくなってきました・・・もう今から2008年の春が待ち遠しいです♪

イメージ 4

 さらっと流すつもりが何となくダラダラと書いてしまいました(笑)

 最後に・・・この101匹ワン公、パケつぶれの新品でしたが、500円もしました^^;

 さてそろそろ次は・・・・ド・マイナーなの一発行こうかと思います。